日々の暮らしで気づいた何気ないことを発信

ゆる暮らし

子育てコラム

育児は欲を出しすぎないことも大事

投稿日:

育児は夢中になればなるほど、真剣に取り組めば取り組むほど欲が出てくるものです。子供が産まれてばかりの頃は元気に産まれてくれて良かった、健康に育ってくれればそれで良いと思っていたのに、いつの間にかもっと他の子よりも優れていなければいけないといった、欲が出てきてしまうようになります。特に何か習いごとを始めるようになると子供だけでなく親も他の子と競うようにもなってしまいます。そのつもりはなくても、賞を取ったり何かに褒められていないと気が済まないような気分になってしまうようなこともあるものです。そしてそれがストレスになり、子どもに当たってしまうこともあるでしょう。子供の習い事は楽しいという気持ちが大事ですが、他人と比較して卑屈になってしまうようなことが多くなってしまったら思い切ってやめるのも良い方法です。途中でやめてしまったら負けだという気持ちがあってズルズルと習い事を続けてしまうこともありますが、そうした大人の都合で習い事を続けないようにもしましょう。子育てにどんどん欲が出てしまうのは仕方のないことですが、自分が卑屈になってしまったりするようであれば、一度子供が産まれた時のことを振り返ってみましょう。また、子どもも大人と同じように向き不向き、好き嫌いがありますから、出来ないものを無理に強要させたり早くに出来ないからと言って怒らないようにもしましょう。ちゃんとその子の良さと向き合うこと、苦手なものを取り除いてあげるようにすることで育児のストレスも減少しますし、大人も子供も疲れることが少なくなるでしょう。育児の最終目的は自立ですから、天才を育てるわけではないのだと割り切ることも必要です。

\ シェアしてください /

-子育てコラム

Copyright© ゆる暮らし , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.