日々の暮らしで気づいた何気ないことを発信

ゆる暮らし

ペット(猫)

猫とのかけがえのない日々

投稿日:

20年前に親戚が保護した子猫を譲り受けて以来、私はずっと猫とともに暮らしてきました。
今現在一緒に暮らしているのは、4年前に捨て猫だったのを拾われて我が家にやってきた猫。毛並みの美しいやんちゃ盛りの女の子です。
猫と暮らすまでは犬のことが大好きで、将来は犬を飼ってみたいという夢を持っていました。猫を飼うなんてことは考えたこともなく、猫に関する知識もまったくありませんでした。
そのような状態だったので、猫と暮らし始めた当初は戸惑いばかり、悩むことも多かったです。それでも日々をともに過ごすうちに、次第に私は猫の魅力のとりことなっていきました。
今では猫のいない生活だなんて考えられません。猫がいてくれるからこそ、この家は「我が家」であるとさえ思っています。猫との日々は私の人生においてかけがえのないものなのだ、と胸を張って言うことができます。
今一緒に暮らしている猫は、私が哺乳瓶でミルクを与えて育てました。いうなれば私は彼女の母のようなもの、なはずなのですがどうしてか彼女にとっては私は姉妹のようなものらしいです。家族の中でも私にだけは好き放題、暴れ放題、甘え放題。彼女が好きなおもちゃは私の右手だし、他の家族には決してしないのに私にだけは甘噛みもします。家の中を歩いてるだけなのに、ドアのかげに潜んでた猫が飛びかかってきて驚きのあまり悲鳴をあげることもよくあります。寝るときも私の胸の上で寝るものだから、重くって寝苦しくって時々漬物になった夢を見るぐらいです。
自分でも不思議なのですが、こんな扱いをされていても私はどうやら猫にたいしては腹を立てたりできないようです。それどころか、ますます愛しさがつのるばかり。こんな幸せな気持ちを与えてくれる猫が、この家での日々を心穏やかに楽しく過ごしてくれますように。そう願いつつ、猫との日々を楽しんでいます。

\ シェアしてください /

-ペット(猫)

Copyright© ゆる暮らし , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.